アパート経営とは

KTIレジデンスが目指すのは土地活用だけではないアパート経営


資産運用をバランスよく実現

不動産投資の利点として再投資の効率の高さが挙げられます。多くのオーナー様が1棟目のアパートで得た資産を元に、所有物件を増やされております。「増やす資産運用」と「守る資産運用」をバランスよく実現できるのが不動産投資なのです。

様々な節税が可能

アパート経営は単なる投資手法ではなく、
事業という側面も持ちます。
それに伴い、様々な節税効果を見込む事が可能です。

本業に専念しながら行える事業

企業に於いてよく語られる「所有と経営の分離」
これはアパート経営にも同じことが言えます。物件をご購入されたオーナー様は文字通り、アパートの所有者であり、多くのオーナー様が賃貸管理のプロフェッショナルである管理会社を選定し、管理・運営を委任されています。

これにより、オーナー様は本業やご自身のライフワークに専念されながら、安定した収入を受け取ることが可能になります。

生命保険の代替

ローンを組まれる際、オーナー様は金融機関が指定する「団体信用生命保険」にご加入されることになります。オーナー様に万が一のことがあった場合、通常の住宅ローンと同じ様に、生命保険会社がローン残債をオーナー様の代わりに支払ってくれる制度です。

ご自身でいくつもの生命保険を掛けなくても、もしもの際には残されたご家族様に安定した収入と資産を残すことが可能になります。

20年から30年後、借入金の返済が終る頃には、
無担保の土地を手に入れる事が可能です。
これにより、借入金返済後は

  • 土地の売却
  • 引き続き家賃収入での資産運用
  • アパートの建て替えによる、地主としてのアパート経営のスタート

様々な資産運用のオプションを選択することが可能になります。

何十年先でもオーナー様の資産価値と収入を最大化させるのが
アパート経営であり、私達は不動産投資とは建ててからが
本当のスタートだと考えます。

KTIレジデンスが販売中のアパート物件を見る

アパート経営では、経年劣化による修繕リスク・空室や家賃低下のリスク・災害のリスクなど様々な不安要素が考えられます。
これらのリスクをコントロールできるかどうかが、
アパート経営成功のカギ
となります。

この様なリスクの中には、立地により解決できるもの、建物の品質により解決できるもの、きめ細かい賃貸管理により解決できるものなど様々あります。

私達の20余年に渡るアパート建築事業と賃貸経営事業は
オーナー様にかかる様々なリスクを最小限にする為の挑戦を行い、
現在はその経験から得た我々KTIレジデンスのアパートを
自身を持ってオーナー様にご紹介いたします。

KTIレジデンスとは

物件のお問い合わせはこちら
このページの先頭へ上がる
Copyright © KTI Residence Corporation. All Rights Reserved.