KTIが選ばれる理由 入居率

賃貸経営の成功に必要なポイント 高い入居率

高い入居率を実現させるノウハウ

当社のアパートは入居者のニーズを徹底的に追及し、
常に高い入居率を維持することが可能です。
高い入居率が維持できれば、不本意な家賃値下げを
行う必要もなくなり安定して高い水準での家賃収入を
見込むことが可能です。

高い入居率

高い入居率を実現させるためのポイント

1.高い賃貸需要が見込める立地

20年後、30年後も高い賃貸需要が見込める立地にしか物件を建築しません。
駅徒歩圏内であることは当然のこと、ターミナル駅へのアクセス、近隣施設の有無、おおきな大学・企業の有無(これらに関しては決して単一の大学・企業に依存するエリアではなく現に複数の安定した需要が存在するエリアのみを対象とします)などを徹底的に調査した上で建築地を決定します。実際に竣工物件の約8割は徒歩5分圏内の立地です。

ハズレ物件がない「KTIレジデンスシリーズ」

そしてなにより、その立地でプロジェクトを開始するかどうかの判断基準は営業が「自分がオーナーならこの物件が欲しいかどうか?」です。我々は自分が欲しくない物件をお客様に勧める事は致しません。我々が商品としてご紹介する物件の立地にお客様の中で「好き・嫌い」は必ずあるかと思います。ただKTIレジデンスシリーズに「はずれ」の物件は絶対にありません。

高い賃貸需要が見込める立地
高い賃貸需要が見込める立地
2.多彩なルームプラン
多彩なルームプラン

大事なことは駅からの距離だけではありません。限られた土地に建築の効率化を図ることが必要です。

20年前、日本のワンルームマンションの多くは3点式ユニットバスを採用し、専有面積は20m²未満が当たり前でした。現在、そのような物件の家賃を見てみるとほとんどの物件で非常に苦戦を強いられていることが分かります。
今後、内30年以内は人口減少、高齢化社会、DINKS層の増加が確実に進んでいきます。
これらの社会情勢の変化にも対応できるように、KTIレジデンスシリーズは単身者をターゲットとした部屋であっても27m²〜35m²を中心としてプランニングし、30m²台の部屋に関しては単身者でも2人入居でもどちらでも対応できる間取りと家賃設定を行います。さらに、40m²以上のファミリータイプについては家族構成の変化に対応できるよう1LDK〜2DKへ間取りを変更できる仕様を採用しています。
さらに、オートロック完備、ロフト、バルコニー、ワイドなシステムキッチン、高速インターネット(※)など、ワンランク上のファシリティを標準完備しています。

(※)建築条件及び設計により仕様は異なります。

多彩なルームプラン
3.デザイナーズ

20年以上の事業になるアパート経営にとって、常に高い入居率を維持することは最優先課題です。賃貸アパートは常に近隣物件との競争にさらされています。
同等の立地で、家賃も同額の賃貸アパートが2つあった場合、よりデザイン性の高い物件が選ばれるでしょう。
しかし、流行を追ったデザイン重視のデザイナーズ物件は設備が重視されていない場合があります。また、流行を追いすぎたデザインは時が経つと時代遅れになってしまいます。

陳腐化しないデザイナーズ物件

当社の物件は全て快適な住空間と陳腐化しないデザインを
コンセプトとしたデザイナーズ物件です。
注文住宅事業を通して培ったヨーロピアン建築のアパートや、
ポストモダン建築を融合させた都市型アパートなど、洗練されたデザインで
様々なタイプのデザイナーズアパートを建築しております。
ヨーロピアン建築のアパートは女性入居者様に人気で、高い入居率を維持している物件が多くあります。

オリジナルデザイン

さらにKTIレジデンスシリーズには同じデザインの物件は存在しません。
それは我々の発祥が建築メーカーという部分に由来しています。
必ず街との調和を考え、その街を活性化させるデザインを考案していきます。

デザイナーズ
デザイナーズ
このページの先頭へ上がる
Copyright © KTI Residence Corporation. All Rights Reserved.